yoreyorejazzのブログ

50歳代も後半になってジャズギターを初め、はや2年。
未だにろくろく弾けません(´;ω;`)
10歳代の初め頃からギターを慣れだけで弾い来て、一時は無謀にもそれでメシを喰って行こうなどと思ったことも…
あえなく挫折し、長らくサラリーマンを続けておりますが、ギターから気持ちが離れる事は無く、地道にラグタイムや自分でアレンジしたソロギターなど、家で弾いては楽しんでおりましたが、いまいち煮詰まってしまいコレじゃイカンと一念発起、ジャズギターを習い始めたワケですが…
これが難しい((((;´・ω・`)))
悪戦苦闘のさまを、ご覧下さい
(´*ω*`)

久々にライブハウス行ってきた

昨晩、下北沢のライブハウスで「中川五郎」のライブを見てきたのだが…


いえ、ぜーんぜんjazzではないですが。

パワフルで、大いに怒り、多分に政治的であるところから今の若い人の大多数にはキツイかな?

でも良かった!

音楽って、こうもあるべきだ!という熱意とパワーが素直に身体に入ってくる。

興味のある方は、どうぞ。


まあ、メインは中川五郎ではなく「田中研二(通称、タナケン)」だったんだけど。

カミさんの古〜くからの知り合いで、オーストラリア在住の、生業は物書きかな?

タナケンのサポートギタリストの萩原信義のギターが良かった。

かなりユルく弾いていたようだったが、音色やタイミングの取り方など聴いていると、かなりの手練れである事は間違いない。

カミさんがググってみたところ、かつて浅川マキや南正人などとやっていたらしい。

やっぱりな。違うわ。


もう一組、オープニングアクトの(たぶんわたしと同年代)デュオがいたんだが、なかなかいい雰囲気を出していた。

「榊 淳&北田晃」

わたしのように

演奏活動から途中リタイアするのではなく、続けるのって並々ならぬエネルギーが要るんだろなあ、

などといろんなことを考えた夜でありました。

約一年ぶりの更新…

この一年で自分のjazz guitarがどの程度上達したかと言うと、まだまだ…

jazzの自由さに憧れて始めたワケだけど、自由になるどころか未だガチガチのど素人です。

昨年の6月に先生が変わって、教え方が一変したわけだけど、リズムの基礎からやってます…

で、今更ながらに気づかされた自分のリズムの弱さと、ピッキングの下手さ、ストロークの下手さ。

メトロノームの音を「裏イーブン」で取っての四つ切り練習や、かのCharlie Parkerの名曲「Billie’s Bounce」のメロディの弾き込みとか散々やって、やっとjazzのノリ、というかアクセントの捉え方が解りかけてきた?ってな感じです。


まぁつくづく思うのは、今までどれだけいい加減にギターを弾いて来たかということ。

ロックやブルースの世界でも、ちゃーんと追求している人はしてるんだな、リズムでも音使いでも何でも…と。


一通り3コードものでは、そのkeyに沿ったマイナーペンタやメジャーペンタでプラス周辺の音を使いながらソロは取れるけど拡がりが無い。で、前の先生の時にコードトーンやらオルタードやら教わってるけど、 jazz、と言うか音楽の根本から言ったら、まだそれをやるレベルでは無いってコトです。


ま、ボチボチでも頑張るしか無いな…

あ、写真と記事は無関係です(^^)


ブログもギターも頑張れ❗️という方は、どうぞポチっと🙇‍♂️

Breakthrough

ずーっと更新をサボっていて…

と言うのも、ジャズギターに進展が無かったからのこと。

ふだんはあまりジャズというモノを聴かない私だが、それでも通勤時に愛用しているオーディオプレイヤー専用のiPhoneにはアルバム何枚かは入れてある。

'70年代ロックや歌謡曲、フォークその他を取り混ぜたランダムプレイから、ビレリ・ラグレーンやらウェス・モンゴメリやら、ジョー・パスやらのギターが出てくるたびに、自分の弾くギターとの断絶を感じていたんだが…


「コードトーンソロ」

の重要性に気がついてからは、ほ〜んの少しだけ、ブレーク・スルーした気分なのだ。

同時に今まで弾いてきた曲、3コードのブルースにしろ循環コードのバラードにしろラグタイムにしろ、どれだけコード進行への認識がいい加減だったかということが思い知らされる。

もっと言うと「音楽への愛情、取り組みかた

の姿勢」とも言えるな。

あらためて、我ながら愕然とするな…


まぁ、コードトーンに取り組むなかで、自分自身の弱点や曖昧さにも気がついたワケで、これからはそれらを克服して行くしか無い。


いま一月に2回レッスンを受けているスクールの先生からは、過去に基本的な代理コードやオルタードは教わっている。

例えば、ブルースのなかでドミナント・モーションでオルタードを使うにしろ、その前後はとてもジャズギターと言えるようなフレーズは弾けず、まあムチャクチャにメジャーとマイナーのペンタトニックを混ぜた

ドロ臭いソロしか弾けなかった。


だが‼️

コードトーンを使うと、垢抜けますね❗️いちだんと👍

(個人的な感想です)😜


まだまだフレットの把握には甘いけれど、コードトーンの中でのフレージングも少しは考えられるようにはなって来ている、と思う。


とりあえずはブログ再開😊

今を去ること、20年以上前に地元の「質屋」で購入したギター。

Gibson 1954(らしい)ES-295のヒストリックコレクション1994製。

まぁ、8諭吉くらいでしょうか❓

買ったときには、自分がジャズギターやるなんて夢にも思って無かった。

今となってはいい買い物👍